event report

/イベントレポート

まちゼミに参加して!

投稿日:17/11/15


第6回みずほ得する街のゼミナールが2017/11/8(水)~12/8(金)まで開催されています。

 

瑞穂市のお店の店主さん及びスタッフさんが講師になって、そのお店ならではの情報や技術など知って得する内容を講座形式で教えてくれるものです。

 

講座に参加された "瑞穂のなおちゃんさん" から前回の「男性の料理教室」に引き続き投稿をいただきました。

 

 

「まちゼミ おいしいコーヒーの淹れ方に参加して!」

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

 

朝の一杯のコーヒーおいしいですよね!

 

「まちゼミ」という瑞穂市の商工会イベントの中から「おいしいコーヒーの淹れ方」に11月11日夫婦で参加してきました。

 

喫茶店のマスターが講師をされ豆の種類から教わって、香りの違いを感じながら飲み比べをして来ました!

 

コーヒー豆の焙煎の種類により香りと味の違いがあることがはっきりわかりました。

 

☆和風カフェ さくら にて

 

以下 ゼミで学んだ事

 

☆誤解しがちなのが「アメリカンコーヒー」

焙煎の浅いコーヒー豆で淹れるのが「アメリカン」です。決して薄めたコーヒーの事ではありません。きちんとその豆も存在します。

 

☆コーヒーの味の違い

焙煎のランクが数種類あり、浅い焙煎だと「酸味」が有り、深い焙煎になると「苦味」が増してきます。
喫茶店により、豆の挽き具合などで、独自の味、香りを出しています。

 

☆おいしいコーヒーを淹れるポイント

コーヒーカップもお湯をくぐらせて、温めて、コーヒーを楽しむと一層美味しく味わえます。

☆コーヒーに注ぐお湯の温度は80~90°C

 

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

 

瑞穂のなおちゃんさん、お家での朝の一杯のコーヒー、一段とおいしく味わえるようになりましたね。

 

私もコーヒーは大好きですが、簡単に作れるドリップバッグ式にポットのお湯を適当に注ぐと言ういい加減なものです。

 

ネットでドリップ式のおいしいコーヒーの淹れ方を検索したら、150gのお湯を用意、最初に20gほどのお湯で30秒蒸らす、その後半分量まで注ぎ、減った分をマメに注ぎ足す、そして150g注ぎきったら完成らしいです。

 

これでこれからは、私も家で少しはおいしいコーヒーをいただけそうです。瑞穂のなおちゃんさん、投稿ありがとうございました。

 

まちゼミは、瑞穂のなおちゃんさんの投稿にあるように、学んで、体験して、飲んだりまた、食べたりできる講座もあり楽しそうですね。

 

今まで知らなかったお店の奥深いところに触れることができるとても良い機会だと思います。みなさんも興味のある講座にぜひ参加してみてください。